賢心舘日誌・・(10.21)

みなさん、こんにちは。

いつもご訪問いただきありがとうございます!

 

広島市東区牛田の少年少女柔道教室

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

タイトルを変えました。

今日の気づき・・は、

 

監督ブログの

「賢の心は柔の道」

http://ameblo.jp/kensinkanushitashinmachi/

のほうで書かせていただきます。

 

こちらは今日から

「賢心舘日誌」

ということで書かせていただきます。

 

何がちがうのか・・?

いや、特に変わりませんが、

こちらは練習日誌のような感じで書かせてもらって、

監督ブログの方では、

今までもですが、

まったくの山口敦史としての私見を述べることになるかなと思います。

 

ま、どちらも“たわごと”ですので、、、(^^;

 

昨日は全体練習でした。

幼年から中学生までたくさんの参加でした。

 

昨日はリサキッズではなかったので、

幼年もしっかり練習ができましたね。

 

そして、

3年生が居残りをするようになりました。

 

これまでも一部の2・3年生が居残りをしていましたが、

先日の県民大会でのことを考え、

3年生がそれぞれ自覚をもって、

自ら「居残りさせてください!」と言ってきました。

 

とはいえ、

いきなり毎回居残りで毎回上級生たちを同じメニューと言うわけにはいきません。

体力的なことも技術的なこともまだまd追いついていませんので。

 

しかし、

今の4年生も、今の5年生と比べ、

去年の今頃はかなりの差がありましたが、

 

今の4年生も居残りを始めてめきめき力を付けてきました。

そして、HPのトップページのありますが、

賢心舘の団体戦初優勝を成し遂げたメンバーになりました!

 

今の3年生、

人数は一番多いです。

 

後から始めた子が先に居残りを始めたことも、

少しは影響したのかもしれませんね。

 

でも、

とてもいい流れだと思います。

 

その気持ちを大事にしていきたいと思います。

 

とはいえ、

残ってやるくらいの気持ちは、

覚悟が必要です。

 

強くなりたいという気持ちを心の奥にしっかり持って、

各自、覚悟を決めて取り組んでもらいたいと思います。

 

おふざけも禁止、

やる気のなさが出てたら即刻退場です。

 

それは、

棄権でもありますし、他の子供達にも悪影響になるからです。

 

しかし、

頑張ったら頑張った分だけ強くなれるよう、

私たちもしっかり導いていきたいと思います。