昨日の気づき・・(10.16)

みなさん、いつもご訪問いただき、

ありがとうございます<m(__)m>

 

広島市東区牛田の少年少女柔道教室

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

連休は13日の日曜日を除き、試合でした。

土曜日の広島市スポーツ少年団大会、

月曜日の庄原柔道大会。

 

連戦の疲れもでようかという頃ですね。

保護者の方も、さぞお疲れのことと思います。

 

 

さて、

昨日の練習前に、庄原大会での脳震盪の話をしました。

たくさんの方に心配していただき、

お声掛けもいただきました。

 

ありがとうございました。

 

子供達に今一度、

危険性についてお話しました。

 

ことさら恐れさすだけでもいけないと思いますが、

実情として、緊張感のある試合でも起こりうること。

 

そして、自分にも起こりうることだということ。

また、自分が相手にしてしまうこともありうるということ。

 

ふざけて集中力に欠けた状態でことが起こらないよう、

練習中からしっかり集中して取り組むよう話しました。

 

庄原でもう一人頭部をうった伊吹は、

昨日は見学で道場に来ていました。

元気そうで安心しました。

 

 

昨日の練習では、

そういうところにやはり意識が行って、

何気なく見ていた練習風景も、

 

たくさんの危険が潜んでいることに気づかされました。

 

そういう意味では、

今回の事故は、学びの多い出来事として、

今後にしっかり活かしていきなさいと言うことなんだと思いました。

 

子供達が元気に柔道に取り組める環境、

ただ強くするだけじゃなく、

一番大事なのは、安全に柔道に取り組める環境を作ることだと、

改めて不覚認識させらた出来事でした。

 

今後にしっかり活かしていきたいと思います。