昨日の気づき・・(9.30)

みなさん、こんにちは。

いつもご訪問いただき、ありがとうございます!

広島市東区牛田の少年柔道クラブ

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

今日は10月1日ですね!
今日から新しい月がスタートです!

今月は試合が目白押しです!

子供たちの体力も心配ですが、

引率される保護者の皆さんも、体調管理には十分お気を付け下さい。

 

また、今月5日は、

賢心舘の4周年記念日です!

これまで周年パーティーをしてきましたが、

当日は平日が多かったので、その近い日曜日でやっていましたが

今年は土曜日なのでその日にお祝いの宴を催します!

楽しみですね(^^)

 

 

さて、昨日は全体練習日でした。

たーっくさんの子供たちが集まってくれ、充実した練習ができました!

低学年と幼年は、

寝技と立ち技をしっかりやっていました。

 

大きな声が出てて良かったと思います。

 

 

高学年と中学生は、

ちょっとお話をして、そのあと寝技の研究をしました。

 

お話の内容は、

どんな相手に対しても、心を強く持って戦えというようなことで、

「心」の部分のお話をしっかりしました。

 

 

寝技の研究は、

先日足をからまれた状態から足を抜いて横四方固めに入る方法をやりましたが、

その時、「二重がらみ」ができない子がたくさんいることに気づきました。

 

盲点ですね・・。

これくらい誰でもできる。。と、経験者の私は高をくくってましたが、

初めての子供は、わからない子がいて当然です。

 

なので、昨日は二重がらみの方法から指導しました。

絡み方は左右あります。

相手の足をからむのも左右あるので、全部で4通りです。

 

しかし、いくら説明しても理解できない子がいますね。

でも、なんどもなんどもやらせてると、

みんなうまくできるようになりました。

 

二重がらみができるのとできないのでは大きく違ってきます。

知らないがために、そのまま抑え込まれて一本負けをしてしまう子がたくさんいます。

 

知ってると、

それを回避できるかもしれません。

 

 

それと、

下で足をからんだ状態から、ブリッジをしてひっくり返す方法があるのですが、

それもやりました。

 

これまた理解力に差があります。

仕方ないですね。

 

これも最後の方ではちゃんとできるようになっていました。

 

 

しかし、

結局これで昨日の練習時間は終わってしまいました。

 

研究時間は、長くなってしまいます。

もうちょと時間に余裕がほしいですね。。。