昨日の気づき・・(7.8)

みなさん、こんにちは!
広島市東区牛田にある少年柔道教室!
賢心舘牛田新町道場の山口です!

 

梅雨が明けましたね!

いよいよ夏本番がやってきます!

柔道の方も、

中学生女子3人娘が20日(土)に

全中をかけての戦いに挑みます。

 

大きな大会が7月8月と続きます。

暑い夏、熱い夏になりそうです!

さて、昨日は先日のスポーツ少年団の大会で

団体戦3・4年生の部が優勝した記念に、

道場で記念写真を撮りました。

 

道場創設以来、小学生での優勝は初の快挙!
うれしい写真を収めておきたかったので・・・。

 

その写真は、トップページに貼り付けましたので、

見てみてください!(^^)

さて、

昨日は高学年と中学生の子たちに、

今、伝えておきたいな・・と思うことを、

少し時間をとって、話して聞かせました。。。

一番伝えたかったこと・・

それは、

 

「自分を否定しないこと」

「自分を卑下しないこと」

 

うまくくいかないとき、

なかなか勝てないとき、

周りの誰かがうらやましいと思うとき、

 

 

「どうせ自分は・・」って、

自分を否定しないこと。

 

なぜなら、みんな強くなりたいと思っていることは確か。

しかし、それなのに、自分を否定したり、卑下してる状態・・

そういう気持ちの状態の子が、

徐々にとしても上向きに強くなる・・ってことは考えにくいです。

 

それより、

今の自分の状態をしっかり認めて、

今の自分に何が足りないのかということにしっかり向き合うこと。

そして、今の自分の持つ力で最大限頑張ること。

とにかく前向きに、前向きに。

先日の連戦で、

それなりの結果を出せた選手たち。

 

彼らが、なかなかうまくいかない時に、

「どうせ・・・」的なマイナス思考のままだったなら、

そういう結果は導き出せてないと思います。

 

悔しくて悔しくて、

泣きながらでもとにかく前を向いてきたからこそ、

「今」があるんだと思います。

 

上手くいかないとき、

自分を卑下したりやけになったりもします。

私もそういう経験あります。

 

でも、そんな中であっても、

心の奥底でくすぶってる熱い想いは、

決して消すことはありませんでした。

 

周りの同僚や後輩が好成績をおさめると、

ねたみの感情のようなものさえもわいてきてました。

しかし、そんなときでも、

 

「今に見ていろ、

   いつかは俺だって!」

 

と、その状況を自分自身を発奮させる材料にするため、

そんな風に思っていました。

 

 

柔道のみならず、人の人生は良い事ばかりは起こりません。

上手くいかないこと、たくさんあります。

思い通りにならないこと、いっぱいあります。

 

柔道を通じて、

思い通りにならないことを経験しつつ、

人生におけるそんな部分を勉強できてるんじゃないかと思います。

 

子供の時、あるいは現役の時は、なかなか気づけなかったことでも、

今、指導する立場になってみて、

(あの時の経験があったから今がある・・)と、言えることがたくさんあります。

 

 

私は、そんなことを子供たちにしっかり伝えていきたいと思っています。

 

 

昨日は、真剣に私の目を見ながら、

みんなだまって聞いてくれました。

 

子供たちの心に奥に、

少しでも何かを感じてくれてたらいいなと思います。

 

 

 

弱気は伝染する・・・

 

私はそう思っています。

監督の私が弱気だったら、

その弱気は子供たちに伝染する。

 

ある試合の試合前、あきらめムードの子供たちに、

「気持ちで負けるな!」

と言いながら、自分自身がそんな気持ちを持ってたことに気づきました。

 

 

強い相手の時にあきらめの気持ちになっているとき、

子供達もやっぱりあきらめムード。

 

(これは伝染するのかも・・)

 

そう思ってからは、

私自身が弱気にならないように心掛けています。

 

その影響でか、最近子供たちの表情が良いです!
全員ではありませんが、道場全体の子供たちの試合前の表情、

「やったるで!」

みたいな表情をしています。

 

みんなが一丸となってって、

そういうことなんだろうなと思います。

 

 

さて、

明日からまた頑張ろうかな。。。

 

暑いけど、熱い夏にしたいと思います!