昨日の気づき・・(6.17)

みなさん、こんにちは。

広島市東区牛田の柔道場、

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

じめじめとうっとおしい日が続きますが、

子供達は元気です!

練習前のランニング、高学年の子供たちがしっかりリーダーシップを取りながら、

低学年たちを誘導してくれてます。

頼もしいです。

 

ちょっと前まで、

上の子たちに面倒を見てもらってた子達が、

今は面倒を見る側に・・

 

こういう順繰りが

賢心舘の歴史と伝統を作っていくんだなと・・そう思います。

 

 

さて、昨日も高学年と中学生たちには

厳しい声が飛び交いました。

週末と来週には大事な大会があります。

練習に見えるときは、それなりの “ 喝 ” が入ります。

 

いつも負けて悔し涙ばかり流してます。

今度は勝って、喜びの涙を流したいです。

 

全国大会の切符、

目の前にぶら下がってるのに、

取りに行く自覚があるのか・・・。

 

まだまだ考え方が甘いです。

勝負の世界、そんなに甘くないです。

 

やってもやってもやり足りないくらいです。

 

 

厳しい言葉を浴びせてしまいますが、

その言葉をどう受け止めるのかは本人次第です。

 

いつの日か、

あの時のことばが。。となってくれることを信じて、

これからも厳しくガンガン行きます。

 

 

昨日、一瞬「やばい!」と思う出来事がありました。

やはり、柔道は危険と隣り合わせです。

気を抜くと大変な目にあいかねません。

 

組み際に気を抜くこと、

おしゃべりしながらやること、

危険極まりないです。

 

昨日は大事にならなくて良かった。。。

 

これからもしっかり注意しながら見ていきたいと思います。