昨日の気づき・・(5.27)

みなさん、こんにちは。

広島市東区牛田の少年少女柔道教室

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

「昨日の稽古にて・・」から「昨日の気づき」にタイトルを変えてみました。

なんでか?

とくに意味はありません(^^;

気まぐれです。

 

ま、どーでもいいことですが・・・。

 

 

さて、

昨日はばら祭大会の翌日でした。

 

参加した選手達は、

試合の中で見つけた課題をしっかり意識して練習するのには、

まだまだ記憶が新鮮な状態なのでいい時です。

 

ただ、疲れもあろうかと思い、

昨日は遊びの要素を多分に取り入れたトレーニングを最初に時間をかけてやりました。

 

 

今週末でいよいよ6月になります。

6月は、中学生の市の選手権、マルちゃん杯中四国予選、

小学生学年別県予選があり、

重要な時期です。

 

今からしっかり調整していかなければなりません。

 

 

ここへきて、

居残りをしている子たちに変化が出てきました。

もちろんいい意味での変化です。

 

 

「気づき」

は、周りの誰かの影響を受けることがあります。

誰かの言葉がそのきっかけになることもあります。

 

しかし、結局のところ、

自分自身の内なるもののことですから、

自分自身がそちらにベクトルが向いてなければ、

周りの誰かの影響で気づきがあることは難しいです。

 

いろんな経験をし、

いろんな出来事を経験することで、

じょじょにそのベクトルが違う方向を向き始める。

 

また、気づきに必要な情報をキャッチするためのアンテナが立ち始める。

 

そんないろんな状況の中で、

「気づき」のタイミングがやってきます。

 

同じ言葉を今言われてもなんとも思わなかった・・。

でも、数か月後、数年後にはその言葉がきっかけになったということってあります。

 

 

結局は「自分」なんですね。

 

 

その“心”をしっかり育んでいきたいな・・と、

常々思うのです。

 

 

遊ぶこともその気付きを得る大事な時間。

厳しい練習に耐えるのも、同じこと。

 

でも、タイミングがありますのでね・・。

 

 

これからも、

誰がその「気づき」を得るのかを楽しみに

道場に行きたいと思います。