インターハイ個人広島県予選・・(5.25)

今日は、インターハイの広島県予選の個人戦が開催されました。

 

序盤から波乱が起こる展開で、
今日も会場は盛り上がっていました。

 

賢心舘の卒業生たちの活躍を見たくて、
会場に足を運びました。。。

 

では、賢心舘の卒業生の結果です。

 

 

 

☆60㎏級  岡本明大 3回戦負け(ベスト8)
優勝した一面君(崇徳)に負けましたが、動きはちゃんと反応していたと思います。

 

☆66㎏級  高橋由起 2回戦負け(初戦)
良く攻めてたんですが、有効ポイントを取られてしまいました。
もうちょっと攻め込むと指導で並んだんじゃないかと思いますが、、、。

 

☆66㎏級  四辻友孝 3回戦負け(ベスト8)
友孝もよく攻めていました。
ゴールデンスコアで技ありとられましたが、友孝の内股を返されました。
決めてたら友孝のポイントだったと思うんですが、うまく回されてしまいました。

 

☆73㎏級  粕川和晃 3回戦負け(ベスト8)
優勝した谷口君(崇徳)に背負いで一本負け。
うまく乗っけられてしまいました。
もう少し組手を慎重にやってると、担がれずに済んだんじゃないかと。そうなると、どうなったかわからないなと思います。
力の差はあまり感じませんでしたから。

 

☆81㎏級  佐藤友哉 2回戦負け(初戦)
中学時代からのライバルに判定負け。
友哉の課題がなかなか克服できていません。
センスがあって技もかかる。そこが利点でもあり欠点でもあります。
友哉に必要なのは、がむしゃらさ。
カッコいい柔道なんて今は必要ないと思います。
まだまだ1年生です。
結果をおそれず、ただただがむしゃらに前に出る柔道を心がけてもらいたいです。

 

☆90㎏級  佐藤允哉  優勝!
今日はしっかり詰めが甘くならないように意識してたと思います。
ライバル野々内君が初戦(2回戦)で一色君(近大)に有効を取られて負けたので、決勝戦は貫目君(崇徳)でしたが、允哉らしい試合展開で危なげなく勝ちました。
スタミナを自信に変えて、本戦でも頑張ってもらいたいですね。


☆女子63㎏級  高野春花 第3位
準決勝ではあまり分がよくない相手。
やはり今まで通り語後手後手になってる感じがしました。
課題ですね。。。
友哉と同じく、なかなか技が出ません。
そういう自分としっかり向き合うことはが大事なんじゃないかと思いました。

 

という結果でした。

春花は春に引き続いての代表はなりませんでした。

 

允哉は優勝。

インターハイでも頑張ってもらいたいですね。

春は第3位に入賞でしたから、十分日本一を狙える位置にいます。

 

賢心舘初の全国優勝者目指して頑張ってもらいたいと思います。

 

 


では、今日の結果です。

 

男子 60㎏級
優  勝  一面 (崇徳)
準優勝  古屋 (崇徳)

 

男子66㎏級
優  勝  末木(近大福山)
準優勝   渡部(崇徳)

 

男子73㎏級 
優  勝  谷口(崇徳)
準優勝  宮本(近大福山)

 

男子81㎏級
優  勝  長野(崇徳)
準優勝  高原(近大福山)

 

男子90㎏級
優  勝  佐藤(近大福山)
準優勝  貫目(崇徳)

 

男子100㎏級
優  勝  三村(崇徳)
準優勝  増本(崇徳)

 

男子100㎏超級
優  勝  香川(崇徳)
準優勝  平川(近大福山)

 

 

女子48㎏級
優  勝  山下 (皆実)
準優勝  上原 (皆実)

 

女子52㎏級
優  勝  森(清水ヶ丘)
準優勝  桧垣(広陵)

 

女子57㎏級
優  勝  川本(皆実)
準優勝  山田(清水ヶ丘)

 

女子63㎏級
優  勝  藤本(清水ヶ丘)
準優勝  城澤(広陵)

 

女子70㎏級
優  勝  古川(皆実)
準優勝  今清水(沼田)

 

女子78㎏級
優  勝  植村(清水ヶ丘)
準優勝  岡田(広陵)

 

女子78㎏超級 
優  勝  磯崎(広陵)
準優勝  戸津(国際学院)


以上の結果でした。

優勝したみなさん、インターハイでは県代表として頑張ってきてください!