昨日の稽古にて・・(4.19)

みなさん、こんにちは。

広島市の少年少女柔道教室 賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

4月も半ばを過ぎましたね。

もう少しでゴールデンウィークです。

 

柔道に勤しむ環境にある道場は、

この連休中も柔道漬けのようです。

 

実は、いくつか合同練習のお誘いを県外から受けたのですが、

賢心館は4日の岡山で開催される桃太郎大会に参加予定なので、

他の遠征関係はお断りしました。

 

本当は、

そういう環境にガンガン出ていくくらいの意識がなければ強くはならないと思います。

 

賢心舘も、

そういう意識の子供たちがどんどん出てくるよう、 

徐々に意識を上げていこうと思います。

 

 

さて、

昨日は研究時間に費やしました。

 

まずは、

寝技の形をしっかり覚えるということ。

 

確認してみると、

ちゃんと抑え込みの名称と形を覚えてる子が少ないようでした。

 

ちゃんと指導で来てなかった証拠です。

以後気を付けます。

 

「袈裟固め」「横四方固め」「上四方固め」「縦四方固め」「肩固め」

 

をやりました。

 

すっとできることできない子がいます。

当然のことです。

 

しかし、

問題意識をもって取り組む子と、

言われるがままにやるという子もちらほら。

 

問題意識をもって取り組み、

自分のものにしたいという意識で取り組まなければ、

試合の時などに自分が困ります。

 

横四方で抑え込める形になっていながら、

横四方を知らないがために、袈裟固めに行こうとして逃げられる・・。

 

こういう場面、よく見ます。

 

逃げられそうになってて、

そのまま違う形に移行すればいいのに、

移行の仕方がわからないから逃げられる。

 

こういう場面もよく見ます。

 

そういうことを説明しながら反復しました。

 

 

また、

立ち技では、ケンカ四つでの技の入り方の一例として、

出ている相手の足をはじいて、軸足を中に入れ、

そこから「体落し」「内股」「払い腰」にはいる形をやりました。

 

ケンカ四つの相手に対して、

合い四つと同じように技に入ることはできません。

 

足の位置が「ハ」の字になってるので、

相手の足の位置を移動させるように崩す必要があります。

 

そのやり方の一つをやりました。

 

 

これも、

知ってると知らないとでは、

自分の技の幅が変わってきます。

 

ちょっと難しいですが、

真剣に取り組み、器用な子は早速できてました。

 

できてない子も、

しっかりおうちで反復しながら

自分の物にしてもらいたいと思います。

 

昨日は実践はできませんでしたが、

時間いっぱい、充実した練習になったと思います。