昨日の稽古にて・・(2.18)

みなさん、こんにちは。

少年・少女柔道教室の賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

3月10日に、

全国少年柔道大会の広島県予選が開催されます。

 

その日の午後、

全柔連主催の少年柔道教室が開催されるそうです。

 

先日、保護者の方々には、

異性メールで案内を配信しました。

 

 

こういう行事には、

できるだけ積極的に参加していただきたいと思います。

 

ご家庭のいろんな行事や事情もあろうかと思います。

しかし、子供たちが厳しい練習を頑張る姿を見ると、

そういう機会もどんどん経験させて、

自分の技量を試す機会にしてもらいたいなという思いがあります。

 

家庭を犠牲にしてまで参加を促してるわけではありませんので、

誤解してもらいたくありませんが、

 

強くなりたい、強くさせたいという気持ちがありながら、

そういう行事には参加しませんということは、

 

想いと逆行している行動になっていると思います。

 

「強くなること」

が優先順位の中で上位にあるのなら、

それに見合う意識を持って行動をしなければ、

そうなることはありません。

 

賢心舘は、

創設してまだ日が浅い道場ですので、

柔道に対する意識の持ち方は、

ほかの道場の人たちとは違うと思いますが、

 

強くなる道場の道場生や保護者の意識は、

それなりの意識と行動になっていると思います。

 

 

賢心舘を一気にそういう風に帰る気はありませんが、

特別重要な行事がないのなら、

こういう行事には積極的に参加する。

 

それは、子供が強いとか弱いとか、

小さいとか大きいとかは無関係です。

 

どんな子でも、

そういう場にいることで、得るものは大きいです。

 

それは、その場に入り保護者も指導者も同じです。

それぞれが、それぞれの立場で得るものがあります。

 

しかし、その場に行かなければ

絶対に得られるものではありません。

 

どうしよっかなぁ。。と、迷うくらいなら、

参加させてください。

 

よろしくお願いします。

 

 

昨日の練習、

インフルエンザのお休みも出てしまいました。

 

出てしまったものは仕方ありません。

道場内で広がらないように注意すること。

 

かかった子は、一日も早く回復するよう、

養生すること。

 

これを徹底していきたいと思います。

 

3月に入ると、

大事な大会もあります。

 

みんなで気を付けていきましょう。

 

 

居残り小学生が元気です!
昨日の居残りでは、小学3年生の楠康生君と高橋舞華ちゃんが、

元気な練習をしていました!

 

気持ちが前向きになって取り組むと、

こんなにも動きに違いが出てくるものかと感心しました。

 

3年生がいい感じです!

ほかの学年もこの調子で頑張ってもらいたいと思います!