昨日の稽古にて・・(12.10)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

寒さが厳しくなっています。

子供たちは元気に練習に参加していますが、

見学の保護者の皆さんは、じーっと座ってるだけなので、

体が冷え切ってしまうと思います。

 

しっかり、しっかり防寒対策をしてきてください。

 

小さいお子さんを連れてきてる場合も、

風邪ひきさんにならないよう、十分注意してあげてください。

 

 

さてさて、

今、練習前にウォーミングアップの目的もあり、

 

下半身を中心としたトレーニングを実施しています。

 

 

見てると思うことがあります。

 

辛くなってきたときに、

それぞれの個性がしっかり出てくるなと。

 

性格的なものが、

こういうときにもしっかり出てきます。

 

それ、試合中にも同じことが言えます。

 

 

こういうときの、彼らの行動を見ながら、

試合でどんな動きをするのかも、ある程度予想がつきます。

 

 

抜くやつはやっぱり抜きますね。。。

 

抜かないやつは、やっぱり抜きません。

 

 

今はどれほどもない差に感じても、

この先になって、その差に気づきます。

 

 

童話の「ありとキリギリス」という話がありますが、

 

キリギリスがいっぱいいます。

 

 

ありにならないと、

今はよくてもその先困るのは自分ですから。

 

 

こちらが尻をたたけばまだ追い込めるうちは大丈夫ですが、

こちらの追い込みすら受け入れないのなら、

 

仕方ないですね。

 

 

今の練習、

トレーニングの数十分間しんどい。。

 

 

しかし、その数十分間をのり切ることができない者が、

試合で追い込まれたときの力を出し切れるとは思えません。

 

 

体力がないから勝てない。

 

ならば、体力をつけるしかない。

 

ならば、今以上の負荷をかけながらトレーニングするしかない。

 

 

でもやらない。。。

 

強くなるはずがない。。よね。

 

 

 

 

 

今、来年の大会の選手選考中です。

これまでの大会のメンバーが固定されたものではありません。

 

いろいろ組み替えて、チャンスを与えることも必要です。

 

 

いろんな要素を考慮しつつ、

選手を決めていこうと思います。