一昨日の稽古にて・・(12.3)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日はホームページの会社のメンテナンスだったようで、

ログインできない状態が続き、稽古報告ができませんでした。

 

アクセスいただいたかたがた、

すみませんでした。そして、ありがとうございます。

 

 

 

さて、

月曜日の練習前の整列で、

 

先週末の二日間の大会の報告などをお話しながら、

いろんな気付きを伝えさせていただきました。

 

 

 

 

北九州大会に行って、強豪道場を間近に見て、

そういう道場の指導者の先生が子供たちにかける声などを聞き、

 

また、直接いろいろとお話しする上で、

今の賢心舘と強豪道場との違いを探りました。

 

 

 

その前に、昔指導していたころの思いや記憶が、

北九州の団体戦を観戦しながら感じることができ、

 

昔の自分と、今の自分の違いにも気づかせていただきました。

 

 

 

これからの賢心舘がどうあるべきか、

どこに向いて進むべきなのか。

 

やはり、強い賢心舘になりたい。。

 

 

そう心の底から思いました。

 

 

そのために、今の賢心舘には何が足りないのか。

その足りないものを補うには、何をしなければならないのか。

 

 

これからも、しっかり向き合っていかなければならないと思います。

 

 

しかし、強くするだけを目的とした道場にはするつもりはありませんし、

どの子にもそれなりの厳しいことを課していくということでもありません。

 

 

各々のレベルに応じて、

それよりも負荷をかけていくことで、

厳しいことを経験し、心を強くしていく。

 

そうして、一番大事な「精神」を鍛えていくことが一番の目的です。

 

「勝つ」ことだけを目的とするのではなく、

「勝つ」ことを追い求めていく中でいろんな出来事を経験しながら、

 

「心」を強くしていくこと。

 

ここです。

 

 

今のレベルよりもあげていくためには、

今のままでいいはずがありません。

 

何かを犠牲にし、

意識を変え、

高い目標を持って頑張ること。

 

背伸びすることなく、

下手なプライドは捨てて、

今の自分に出来る最大限のことを頑張る。

 

ただそれだけです。

 

 

これからいろいろと工夫をしながら、

子供たちをそれぞれのレベルに合わせて導いていきたいと思います。

 

 

少し、厳しくなる。。

 

子供たちは覚悟できてるようです。

 

 

少しずつ、温度を上げていきましょうかね。。。

 

 

組み合わせ表を見て、

 

「あぁ~。。賢心舘じゃぁ。。。」

 

と相手チームに言わせることができるように、

これから少しずつ温度を上げていきます。

 

 

とはいえ、まだまだ子供ですから、

その辺はバランスよくやっていきます!

 

保護者の方は、

フォローに徹してください。

 

よろしくお願いします。