昨日の稽古にて・・(11.16)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

 

昨日の金曜日も、

試合稽古をしました。

 

練習と実践の試合では、

意識するところが違ってきますので、

 

 

子供たちにとっては、

良い刺激になっています。

 

 

 

ことらとしても、

子供たちの意外な部分が見れたりするので、

指導する上で良いヒントにもなります。

 

 

 

昨日は試合稽古の後は自由練習、

そして、自由練習の後は、

短い時間(20秒)でのGSを意識した練習。

 

 

西村南蔵君(3年生)が、

とても良い練習ができました。

 

普段あまり闘志を前面に出さないタイプですが、

昨日は立て続けにやられてしまい・・・。

 

意地とプライドが傷ついたんでしょうね。

泣きながらも大きな声を出しながら向かっていきました。

 

がむしゃらに向かっていく。

遮二無二なって向かっていく。

 

その姿、見ている私は感動しました。

子供の頑張る姿って、心に響きます。

 

悔しいんだろうなぁ・・というのが、

ひしひしと伝わってきました。

 

とても良い練習でした。

 

他にも久保成美(5年生)と原本伊織(4年生)の練習も、

お互いが意地をぶつけ合う良い練習でした。

 

 

こういう意識を試合のときも持ってもらいたい。

そうすると、今までよりももっと上に上がれるはずです。

 

 

小学生たち、

今、良い感じできています!

 

 

 

今日は南区合同練習を朝から頑張ってます。

 

昨日、遅くまで練習した小学生の一部は、

昨晩寝ておきたらすぐにまた練習・・・。

 

辛くしんどいと思いますが、

この積み重ねが「強さ」につながります。

 

 

乗り越えてもらいたいですね。