先週金曜日の稽古にて・・(9.21)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

先週金曜日の練習日の翌日が祝日の土曜日、

加えて私は東京に出張でしたので、金曜日の稽古報告ができていませんでした。

 

金曜日は、中学生中心の練習日。

数は少ないですが、道場を広く使えるので充実した稽古ができます。

 

 

 

最近になって感じることではないのですが、

どうも、打ち込みに迫力がありません。

 

中学生ってこんなもん?と首をかしげながら見ていますが、

胸の当たりなんか全くありません。

 

打ち込み入ると、

 

“ドン!ドン!”

 

という胸があたる音や、

軸足が畳をける音などが地響きを立ててするものなんですが、

 

打ち込みの時間、

シーンとしています。

 

 

「当たり」という意味がわかっていないのか、

「当たり」をつけることができないだけなのか・・・。

 

 

全く迫力にかけた打ち込みです。

 

 

打ち込みがそんなだから、

投げ込みも、迫力ゼロです。

 

 

バシーン!

 

っていう音なんかしません。

 

 

 

ぼってっ。。。

 

 

という感じです。

 

 

そんなんで実践で相手を投げることなんてできません。

 

 

もっともっと意識的に取り組んでもらいないなと思います。