昨日の稽古にて・・(9.10)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

横断幕が完成しました!

 

夏のインターハイに続き、秋の国体への出場を決めた、

賢心舘OBの佐藤允哉君(近大福山高校2年生)。

 

今年の国体は、岐阜県だそうです。

 

『ぎふ清流国体』

 

ということで、大垣市総合体育館で開催されます。

 

昨日、お父さんから聞いた話によると、

いきなり東京都と対戦するそうです。

 

広島県メンバー、いきなりの強敵ですが、

頑張って撃破してもらいたいと思います!

 

 

さて、昨日の賢心舘も非常ににぎやかでした。

昨日は数名の帯の進級を行いました。

 

ただ、練習前にみんなの前で進級させたのは、

 

柴田健聖(4年) オレンジ ⇒ 水色

 

だけでしたが、

もう二人、昨日の練習態度を見て決めようと思ってた子がいました。

 

その二人を見て、

昨日の練習後に条件付で進級させました。

 

當城聖樹(4年) 黄色 ⇒ オレンジ

池田翔(5年)  白  ⇒  黄色

 

 

学年や現時点のレベル、試合などへの参加状況などを考慮し、

昨日の時点で3名を進級させました。

 

同じような状況の子があと数名います。

近々の彼らの状況を見ながら、進級を検討したいと思っています。

 

 

 

昨日はちびっ子たちは「LISA KID’S」のあと実践練習。

小学生3年生以下は寝技と立ち技。

 

4年生以上は、

最初金曜日にやった「すそ返し」の反復ののち、

打ち込みと立ち技。

 

そして、最後はトレーニングでした。

 

中学生の一部は、

月末に県総体があります。

 

3年生は中体連の最後の大会。

勝って有終の美を飾ってもらいたいですね。

 

とくに、3年生の最後でやっと県大会出場の切符を掴み取った

中村優作(口田中3年)は、最初で最後の県大会です。

 

悔いのない戦いをしてもらいたいと思いますが、

かといって、あまり意識しすぎて硬くなってしまっては、

本来の優作らしい柔道ができなくなるので、

 

最初で最後を楽しんでもらいたいと思います。

 

優勝できる力は十分あります。

十分ありますが、いつも指摘する彼のかけてる部分を補わなければ、

優勝は難しいかなと思います。

 

最近やっとすこーしずつ声が出始めた気がします。

でも、まだまだです。

 

ほかにもいますが、

それぞれが勝負にこだわり、自分自身に負けないよう、

頑張ってもらいたいと思います。