広島県接骨師会柔道大会

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

8月12日、

広島県立総合体育館武道場において、

 

広島県接骨師会柔道大会が開催されました。

 

 

この大会は、

10月に行われる全国大会の広島県代表を決める個人戦です。

 

 

広島県選抜チームとして、

全国大会に出場するのですが、

 

先鋒       4年生の優勝者

次鋒・中堅   5年生の優勝者と準優勝者

副将・大将   6年生の優勝者と準優勝者

 

で、構成されます。

 

試合は、男女混合の無差別の学年別で行われます。

 

 

賢心舘からは、

 

4年生の部

原本伊織

柴田健聖

當城聖樹

山口紗奈

 

 

5年生の部

岡本和紘

中村与力

久保成美 

 

 

6年生の部

宮本昌弥

野村椎真

 

 

 

以上9名が出場しました。

 

 

予選リーグの時点で、ほぼ全滅状態・・・。

 

唯一、決勝トーナメントに残ったのは、

4年生の原本伊織のみ。

 

伊織は、決勝トーナメント2回戦で準優勝した選手に一本負け。

しかし、よく頑張りました。

 

 

他の選手たちも、

全く歯が立たなかったという選手はいませんでした。

 

それぞれ、

もうちょっと・・なんですがね。

 

何かのきっかけで、

少しずつ変わってくれると信じています。

 

 

伊織も、

日ごろの努力と柔道に取り組む姿勢が、

今回のように、少しずつ良い結果を導き始めています。

 

他の子たちも、

あきらめずに頑張っていくと、

こういう風に変わっていくと思います。