全国小学生学年別大会広島県予選・・(5.27)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日の日曜日、

広島県立総合体育館武道場において、

 

 

全国小学生学年別大会の広島県予選

 

が開催されました。

 

 

エントリーした選手は、

 

男子5年生45㎏以下級   岡本和紘  中村与力

女子5年生40㎏以下級   久保成美

男子6年生50㎏以下級   野村椎真  宮本昌弥

男子6年生50㎏超級     川本青空

 

以上6名の選手です。

 

 

結果は、

 

岡本和紘  1回戦敗退(相手は優勝)

中村与力  1回戦敗退(相手はベスト8)

久保成美  2回戦敗退(相手は優勝)

野村椎真  1回戦敗退(相手はベスト8)

宮本昌弥  ベスト8(相手は準優勝)

川本青空  1回戦敗退(相手は優勝)

 

 

という結果でした。

 

 

組み合わせ的にいきなり強いう選手との対戦で厳しい戦いでしたが、

広島県の中の同年代でトップレベルの選手と試合ができたということは、

とても良い経験になったと思います。

 

今の自分自身の力と、

県トップの力の差を肌で直接感じ、

選手たちは何を思ったか。

 

そこが大事だと思います。

 

全く歯が立たなかった相手だったとは思いますが、

その中で、何か一つつかんでくれてればいいと思います。

 

しかし、宮本君は、何とかなったかなと思えるシーンが何度かありましたので、

それなりの手ごたえを感じてくれたのではないかと思います。

 

結果的には早々に負けてしまいましたが、

実力差がそんなにあるようには感じませんでした。

 

あとは、経験をどんどんつませることと、

その中で自分に自信を持たせること、自分自身を信じることができるように

導いていくことが大事だなと思いました。

 

 

次は6月17日のマルちゃん杯中四国大会が大きな大会です。

もう、あまり日にちがありませんが、今回の経験を活かし、

大会までしっかり追い込ませていきたいと思います。