昨日の稽古にて・・(3.5)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

3月に入って、暖かい日が続いてます。

とはいえ、明日からはまた寒くなるとか・・。

 

インフルエンザもまだまだ終息した感じもなく、

油断できませんね。

 

 

さて、昨日は今週日曜日に開催される

 

『全国少年柔道大会広島県予選』

 

の選手発表を行いました。

 

 

選手登録できるのは、

補欠のない5名だけです。

 

これまで、7名の道場生を選手候補に指名し、

金曜日も特別練習をするなど強化しながら選考してまいりました。

 

 

選手選考の基準は、

ただ強さだけを基準に選ぶわけではなく、

練習参加日数や、練習態度、礼儀や返事などの動作。

 

これまでの試合結果ももちろん参考にしながら、

総合的な判断で選考しました。

 

 

選ばれた5名は、

「賢心舘」の道場代表だという自覚を持って、

大会までの調整と、大会での活躍を期待します。

 

選手に選ばれなかった2名も、

選手と同じ気持ちで大会までをすごしてもらわなければなりません。

 

時期的に、いつ誰が体調不良になる矢もわかりません。

不測の怪我に見舞われる可能性だってあります。

 

選ばれなかった選手の気持ちの作り方次第で、

チームの雰囲気も変わります。

 

これまで一緒に一つの目標・目的に向かって進んできて、

選ばれなかった時点でモチベーションが下がってしまっては、

これから大会までの道場の雰囲気に影響します。

 

そのあたり、

しかっかり自覚しておいてもらいたいと思います。

 

 

昨日はそのもれた二人、

非常にいい練習をしてました。

 

お陰で、道場の練習ムードもピリッとしていい感じでした。

 

選手に選ばれた5名も、

緊張感ある練習ができ、選手としての自覚を持ちつつありました。

 

 

今年の雰囲気つくりをしっかるすることが、

来年にもつながります。

 

来年はまた違ったメンバーがこの争いを繰り広げます。

今年の雰囲気を肌で感じていることで、

来年、選手候補に指名された選手は、

今年を見習って、頑張ってくれることと思います。

 

 

泣いても笑っても、

この日曜が本番。

 

 

初参加の賢心舘ですが、

存在感をアピールできるような試合ができ、

台風の目になれたらいいなと思います。

 

 

残りの期間、

しっかり調整して試合に臨みたいと思います。

 

 

 

 

昨日の練習、

土曜日の朝飛先生の柔道教室でのことを

少しおさらいしながらの練習でした。

 

 

思い出しながらの反復練習でしたが、

子どもたちはしっかり覚えていたので大丈夫でした。

 

引き続き、

これからもやっていこうと思います。