ジュニア選手強化プロジェクト1日目(朝飛先生柔道教室)

柔道教室
柔道教室

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

3月3日(土)に、

神奈川県の朝飛道場の朝飛先生による柔道教室が開催されました。

 

これは、広島県教育委員会の監修するプロジェクト、

 

『ジュニア選手強化プロジェクト』

 

の一環として行われました。

 

 

全国大会4連覇中の朝飛道場の館長先生です。

どんな指導をされるのか、非常に楽しみでした。

 

きっちり、

挨拶ー礼法ー構え方ー組み方ー技のかけ方(崩し)ー寝技

 

と盛りだくさんの内容で、3時間があっという間に過ぎました。

 

さすが、全国各地で柔道教室をされてるだけあって、

子どもたちをひきつけるのも非常にうまく、

場の作り方がすばらしいなと感じました。

 

なにより、朝飛先生の柔道に対する情熱と、

子どもたちに対する愛情をビシビシ感じました。

 

全国大会で活躍する道場の先生ですから、

勝たせることばかりを考えてらっしゃるイメージが強いかもしれませんが、

そんなことは全くなく、

柔道を通じてその先にある大切なものを子どもたちに伝えたい・・。

その延長線上に、たまたま全国制覇という結果がついてきてる・・。

そんな印象でした。

 

その証拠に、

柔道教室の最中、何度も口にされた言葉が、

 

「ピークは後のほうがいい。

 だから、今はしっかり基礎練習をやりなさい」

 

という言葉。

 

普段、賢心舘の前本舘長もおっしゃる言葉。

われわれの方向性も間違ってなかったなと、

ちょっとうれしくなった瞬間でした。

 

 

こういう指導者の下で柔道を習えたらいいなと、

人事のように感じることもありました。

 

賢心舘も、

そんな道場になれるよう、

指導する私たちと保護者と子どもたちが、

しっかりつながって、前に進んでいきたいと思います。

 

 

写真は、挨拶練習で前に出された岡本和紘です。

上手に返事ができていました!

 

 

貴重な経験ができました。