昨日の稽古にて・・(2.13)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

江田島大会が終わってから、

すぐ翌日に練習日。

 

だいたい日曜日が試合の日がほとんどですから、

月曜日が練習日だと、子供たちはちょっときついかな・・。

なんて思うこともあります。

 

でも、ある指導者の先生も言いました。

 

 

 「鉄は熱いうちに打て」

 

 

と。

 

試合でのことを、

まだ意識も体も覚えているときこそ、

道着を着て練習をすることは、

とても意味があること。

 

かもしれませんね。

 

 

ただ、その意味をこちらがしっかり子どもたちに伝えて、

理解させてやらなければなりませんね。

 

 

ただ「やれ!やれ!」言うばかりでは、

子どもはしんどいばかりです。

 

 

指導って、楽しいけど難しいですね。

 

 

さて、

先日からちょっと長期のお休みだったマイちゃんが、

見学として復帰してきました。

 

前回は、体操と回転運動くらいまでで様子を見て、

昨日もそれくらいの予定でしたが、

 

気がつくと寝技の自由乱取りやってました。

 

「大丈夫?」

と聞くと、

 

「はい!」

と元気ににこやかに返してくれました。

 

ま、寝技くらいなら・・と思ってると、

気がつけば立ち技の自由乱取りもやってるじゃないですか!

 

おいおい・・そりゃまずくないかい・・?

 

と思って再び、

 

「大丈夫なん・・・?」

と聞くと、これまた

 

「だいじょうぶ!」

と元気な声で返ってきました。。

 

お母さんも何もおっしゃらないし、

ま、何より本人がやりたい気持ちが出てきてたってことで、

よかったのかなと。

 

で、かなり長期に休んでたはずなのに、

結構強くなってる・・・。

 

あれ・・・?マイちゃん・・。

秘密特訓してたかな・・・?

 

でも、安心しました。

でも無理は禁物です。

 

用心しながらやっていきましょうね。

 

 

 

 

昨日は、特別昇級がありました。

 

 

5年生の宮本昌弥君は現在小学生のチームリーダーとして、

子どもたちをまとめてくれてます。

 

彼自身もとてもまじめに練習に取り組み、

道場生の模範として頑張っています。

 

 

最近の大会では、なかなか結果が伴っていませんでしたが、

先日の江田島大会では5年生の部で第3位入賞。

チームリーダーとしての価値ある結果を出してくれました。

 

舘長先生にも相談し、

この度、紺色帯から紫色帯に昇級させることになりました。

 

 

また、當城聖樹君(3年)と愛望ちゃん(1年)の兄妹も、

入門から約3ヶ月が経ち、月次試合も2回経験。

江田島大会も頑張って、愛望はベスト8に入賞。

そういうことも考慮し、白帯から黄色帯に昇級させました。

 

 

そして、現在3年生の柴田健聖君。

彼は道場の生徒たちの中でも特にまじめに練習に取り組みます。

寡黙という表現が合うくらい、黙々と練習します。

 

そういうところは非常に大事で、

ただ強いだけで昇級は絶対認めませんが、

まじめに取り組む。

元気がよく頑張る。

休まず道場に来る。

こういった、試合以外の面もしっかり昇級に対する評価として、

指導者の先生は見ています。

 

今回、舘長先生からも、

ケンセイを昇級させてはどうか?という提案があり、

指導者の総意で、黄色帯からオレンジ帯に昇級させることにしました。

 

これから益々頑張って、

引き続き道場生の模範となってもらいたいと思います。

 

 

 

さて、次はいよいよ全国大会の県予選メンバー選考が白熱してきました。

まずは、休まず道場に来ること。

それには、健康面での自己管理と、精神面のやる気が充実していなければなりません。

 

練習にあまり参加しないままでは、

いくら力があっても選手として起用しません。

 

頑張る子が優先です。

 

5年、4年、3年の候補選手になってるメンバー。

もうまもなく申し込みの締め切りになります。

メンバーが決まるのももう時期だと思います。

 

自分のため、チームのため、

頑張ってください。