昨日の稽古にて・・(10.3)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

10月に入りました。

10月にはいったと同時に、寒くなってきましたね。

寒暖の差が激しくなってきましたので、

健康管理はしっかり行っていただきたいと思います。

 

すごしやすくなってきて、

子供たちの動きもよくなってきました。

 

 

以前から小学生の上級生の一部が、居残りで練習をしています。

練習といっても、基礎的な打ち込みやトレーニングをしているのですが、

これがいい感じにまとまってきてる気がします。

 

いやいやムードで残っている子は一人もなく、

みんな厳しい中にも楽しそうです。

 

楽しいから厳しいことも頑張れるんだと思い、

だから、最近いい感じにまとまり始めたんだなと・・・。

 

 

 

この雰囲気を中学生以上の練習で出せれたらいいのになと思います。

 

 

ここ最近、練習後にトレーニングをしています。

昨日は腕立て200回ぶっ続けです。

 

きっちりやる子、それ以上やる子、

なかなか数は追いつかなくても、

できる数を頑張ろうとしている子。

 

レベルと力量は様々ですが、

こういうときに、子供たちの性格がわかります。

 

意識レベルもわかります。

 

 

中村優作は、中学2年生。

まだ、体重も50㎏にも満たない華奢な子です。

 

声もなかなかでないので、

最近は、体操やトレーニングの音頭とりをさせています。

 

「声がこまい(小さい)っ!」

 

って、毎回私にどやされています。

 

 

ポーカーフェイスの優作ですが、

なかなか根性はあります。

 

 

腕立ては、

数を数える音頭とりだから、

一回たりとも休めません。

 

 

昨日もきっちり200回、

おんなじペースでやりぬきました。

 

 

可能性を感じますね。

これからだと思います。

 

 

しかし、彼よりも断然強い子でも、

200回ができていない子が多いです。

 

 

優作の心の中に、

今に見ておれ!この俺だって!の精神があれば、

きっといつかは追い抜くでしょう。

 

 

 

心を強くしながら、

肉体も鍛えるトレーニング。

 

 

最近は、居残りの小学生まで加わるようになりました。

おんなじメニューをきっちりやりぬきます。

 

この子達もすばらしい可能性を秘めています。

 

 

 

 

必ずこの可能性を開花させてやりたい・・

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

さて、

明日の練習日となる10月5日は、

賢心間の2周年記念日です。

 

 

思い起こせば2年前のこの時期だったんですね。。。

 

 

もう2年・・? いや、まだ2年・・?

 

 

 

 

歴史浅い賢心舘も、

これからいろんなことを越えて行きながら

成長していきます。

 

 

 

みなさん、よろしくおねがいします。