昨日の稽古にて・・(9.5)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

9月最初の練習日だった先週金曜日は、

台風の影響を考慮しお休みとしました。

 

広島地方は、そこまで大きな被害は出ていないようですが、

和歌山方面は大変なことになっています。

 

またまたたくさんの被害や犠牲者の方、行方不明者の方がいらっしゃるようで、

心痛む思いでいます。

 

3月11日の東日本大震災やその後続く地震、そして今回の台風の影響など、

自然災害がとても頻繁に発生しております。

 

気をつけてなんとかならないものでもありますが、

注意しておくこと、非常時の備えなどを万全にしておくことは、

大切なことかもしれません。

 

これまで被害にあわれた方々も、

それまでの自然災害の発生を他人事のような感覚でいらっしゃったかもしれませんし、

私も、正直実感はわかないし、まさか自分のところは・・という気持ちもうそではありません。

 

 

しかし、例外はないのだと思います。

 

備えあれば憂いなし・・

 

気をつけて生活しなければなりませんね。

 

 

亡くなられた犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、

被災者の方々に対してもお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

さて、昨日は少しサーキットを取り入れたトレーニングで汗をかきました。

チームに分けて競争をしたりもしました。

 

こういうのって、子供たちの目が輝きます。

毎回の練習で追い込むばかりでは、心も体も疲れきってしまうかもしれませんので、

昨日はちょっと遊びも含めたトレーニングを取り入れました。

 

楽しそうな表情を浮かべながらも、勝負事だから目つきは真剣でした。

 

いいトレーニングができ、気分転換にもなったと思います。

 

 

 

小学生が終わってからの中高生の練習では、

組み手を研究しました。

 

大きな大会で上位に食い込む選手は、

組み手がうまいです。

 

今の賢心舘の子供たちは、

まだまだ組み手が甘いです。

 

 

昨日は、喧嘩四つの際の釣手の使い方を重点的に行いました。

 

 

相手の正面に回り込むための釣手の使い方は、

手首の使い方が重要になります。

 

 

なかなかすぐには習得できませんが、

自分で時間があるときに反復しながら身につけていってもらいたいと思います。