昨日の稽古にて・・(7.25)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

暑い日が続き、

子供たちもついに夏休みに突入です。

 

暑いのは暑いんですが、

朝夕なんか過ごしやすくないですか?

 

我が家は今んとこ、

エアコンなしでも大丈夫です。

 

 

 

さて、今週は県立体育館武道場で夏期強化練習が開催されてる関係で、

賢心舘の高校生と中学生は、そちらに参加しています。

午前午後の練習なので、今週は道場での練習は免除にしました。

 

その代わり、

小学生以下にとっては道場を広々と使えるということで、

今週は、暑中稽古週間ということで、

通常の月曜と水曜に加え、金曜日も練習をします。

 

 

時間も、いつもより長めで昨日は9時過ぎまで練習しました。

 

 

いつもここまでつめた練習ができませんので、

今週は、夏休みでもありますし、小学生以下はちょっときつい練習になると思います。

頑張ってついてきてもらいたいと思います。

 

保護者のみなさんには、

体調面やメンタル面でのサポートをしっかりお願いしたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

さて、昨日の練習では、

少し技術的なことも指導しました。

 

寝技では基本的な返し方の脇をすくって返す方法。

 

今までも何度か説明してやらせましたが、

なかなか身についていません。

 

 

その証拠に、

試合になってもどの返し方もすっかり飛んでしまって、

ゆさゆさゆすってるだけの子供たちが多いです。

 

 

小学生の時期、

まだしっかりとした寝技ができる子はいません。

 

しかし、それは逆を言えば、

しっかりとした寝技を体得しておけば、

試合では断然有利だということです。

 

 

今週はそういうこともしっかり意識させながら

寝技を練習していこうと思います。

 

 

 

立ち技では、

腰に乗せる方法を指導しました。

 

大腰を使って、しっかり腰に乗せることを覚えてもらいたかったのですが、

なかなか難しかったようです。

 

 

何人かは、うまく乗せていましたが、

ほとんどができていません。

 

 

しかし、できないことが問題なのではないのです。

 

 

問題意識がなさすぎです。

 

 

まだまだ幼児や小学1年生くらいならまだしも、

少し学年があがった子供なら、

どうやったら腰に乗るのかとか、

自分自身でも考えながら問題意識を持って取り組んでもらいたいと思います。

 

 

腰に乗せることが前技の基本だと思いますので、

これも、今週はしっかりやらせていこうと思います。