昨日の稽古にて・・(7.22)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日は中高生の練習日。

最初から広く使えるので、寝技からしっかり行いました。

 

寝技にしても、立ち技にしても、

ただ、時間内に淡々とこなしているように見受けられる選手が多いです。

何かに取り組みながら、そこにこだわるという意識でやらなければ、

同じ時間の寝技も立ち技も違いが出てきます。

 

 

寝技の場合、

受けるときは受けることに徹するだけで、

ずーっと亀になったままの選手がいます。

 

攻撃する側も、

なかなか攻めあぐね、結局そのまま時間になる。

 

こういう練習では、

お互い成長は難しいですね。

 

受ける側も、反撃の糸口を見つけ、

そこから切り崩して攻撃に転じる。

 

試合ではなかなかできないことです。

しかし、練習でしっかりそこができていれば、

試合でも体はそこで反応します。

 

 

例えば、上から攻められている場合、

前に落として、逆転する。

閉められても、上を向いて頭を抜き、

足をはずして肩を決めながら抑えに行く。

 

こういった技術が全くできていないようです。

なかなか教える時間がなかったので、

今度、時間をつくって反復練習をしていこうと思います。

 

 

立ち技では、

組み手のまずさが目立ちます。

 

組み負けてても、

そのままの体制で技をかけに行って返される。

 

組み負けたまま技をかければ返されるのは当たり前ですが、

組み負けてることがわかっていない選手もいるようです。

 

 

釣手も引き手も、

合い四つ喧嘩四つで組み方が違います。

 

組み手は、

ただただブチブチ切るだけではだめで、

自分がいいところを組ために、

あるいは、相手にいいところを組ませないために切る。

これは、、絶対必要です。

 

組み手を制することができれば、

試合をコントロールできます。

 

これからも組み手は厳しく指導していこうと思います。