昨日の稽古にて・・(6.1)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

梅雨入りしたはずですが、

なんだか、からっとしたお天気で、すごしやすいです。

道場も、じめじめ感がなく、涼しい中での練習ができています。

 

昨日から6月になったので、

これから梅雨が本格的になっていくのかもしれませんね。

 

 

 

さて、

最近子供たちの中でどうも気持ちがなえてしまってる子が多くなってきてるようです。

 

まだまだ小さい子供だからと思うので、

あまり無理やり・・という強制力は行使したくありません。

かといって、甘やかしすぎるのもどうかとも思います。

 

そのあたりのさじ加減が難しいですね。

 

 

中学生くらいになると、

ある程度の厳しさは必要だと思いますが、

まだまだ年中、年少、小学1年、小学2年くらいまでは、

しんどいことはしたくないと思います。

 

 

強くなるために・・と言われても、

あまり実感できていないと思いますね。

 

 

楽しく・・されど、その中にも厳しさをもって、

取り組ませる必要があります。

 

これが、なかなか難しい。。

 

 

 

昨日は、指導者のほうも手薄だったので、

遊びの中にもトレーニングの要素を含んだようなものを取り入れ、

 

子供たちにあきさせないようにやってみました。

 

 

 

楽しそうにやってくれてたので、

少しは気分転換になったかなと思います。

 

 

 

時々は、息を抜かせることをしなければ、

小さな心は破裂してしまいます。

 

 

 

押したり引いたりしながら、

うまく導いていきたいと思います。

 

 

 

 

中学生と高校生。。

今、牛田中が試験期間でお休みのため、

人数が少ない練習になっています。

 

 

そうなると、なかなか気が入りませんね。

 

 

見ててそう感じるので、

外野でぎゃーぎゃー言うのですが、

 

いっこうに動きも表情も変わりません。

 

 

 

いよいよ大きな試合が目前に迫ってきているという自覚が、

あるのかないのか・・・。

 

 

 

昨日は、自らが追い込むことができないのなら・・と、

 

無言で厳しくしていきました。

 

 

 

自分で自分を追い込むのは難しい。。

でも、それができる選手でなきゃ、上を目指したって届きません。

 

 

頑張っても頑張っても、

夢かなわない選手もいます。

 

頑張んなかったら、

もっともっと夢は遠のきます。

 

 

 

 

自分での限界からもう一歩、もう二歩・・・

 

 

 

私たちが後押ししなければならないときもあります。

 

 

 

 

 

悔いのない夏にしたい

 

 

そう思いますので、

 

 

 

これからも、

ゆるめませんよ。。。