昨日の稽古にて・・(5.25)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日も、たくさんの子供たちでにぎわった道場でした。

小学生、幼児も元気いっぱいの稽古ができていました。

 

 

中学生、高校生のほうも、

気合に入った練習ができていました。。。。

 

 

と、言いたいところですが、

どうも、声が出ませんし、動作が緩慢です。

 

やらされてる感丸出しの子もいますが、

いつも言うように、自らが選んで柔道をやり、

自らの意識で道場に来てるはずです。

 

 

小学生低学年のような意識ではないはずですが、

見た目はなんら変わらない子がいます。

 

 

 

なにもかも、指導する側からの支持に頼ってうごくのでは、

進歩も成長もありません。

 

 

今の自分が置かれている状況をよく考えながら、

今の自分がなすべきことは何なのか、

 

自らによく問いかけてもらいたいと思います。

 

 

 

指導者に追い込まれなければ、追い込めない・・。

そんなことでは、試合で自分の思う柔道なんてできません。

 

試合は一人で戦うのですから、

自分自身でよく考えることができ、

自分のおかれている状況をしっかり分析でき、

なすべきことを考えて行動する・・。

 

これができないと、

一流選手の仲間入りなんてとうてい無理です。

 

 

 

毎度毎度の練習で、

ほとんどの指導者から言われること。。。

 

 

必要だから言われているんだと気づいてほしいですね。