昨日の稽古にて・・(5.23)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

雨の影響か、

昨日は一日肌寒い感じでしたね。

 

道場もなんとなくひんやりした空気でした。

季節の変わり目、九州南部では梅雨入りしたとのこと。

 

体調管理が難しい時期ですので、

子供さんの様子をしっかり見てあげててください。

 

 

さて、昨日は大会の翌日だったということもあり、

お疲れモードの子供たちが多かったように思います。

 

それでも、みんな元気に練習に取り組んでいました。

気持ちが前向きになれない子もちらほらいます。

涙が出ちゃう子もちらほらいます。

 

無理やり頑張らせることはあまりよくありませんが、

少しは促していきながら、

 

頑張らせる、踏ん張らせる、我慢させる・・ということも、

していきたいと思っています。

 

 

甘やかすことはよくないケースもありますが、

緩めてやることが必要なときもあります。

 

さじ加減が非常に難しいと思いますので、

子供さんの様子について、気になることがあれば、

何でも指導者のほうに相談に来てください。

 

一緒にいい方向に行く道を考えて行きましょう。

 

 

高校生と中学生は、

日曜日の疲れが見て取れたので、

昨日は技の研究をしました。

 

 

昨日は、私の一番の得意技の「小外刈り」を指導しました。

 

前技が得意技だとする選手がほとんどだと思いますが、

私の現役時代の一番の得意技が小外刈りでした。

 

地味な技ではありますが、

前技とのバランスをうまく組み立てることで、

前技が効果を発揮することにもなります。

 

 

道場生はほとんどが前技が得意だとする子ばかり。

 

その、前技の効果を上げるために、

小外を覚えておくと前技が有効になってきます。

 

 

ポイントは釣手の使い方と引き手のつり方です。

あとは、体重移動と投げる方向。そして、つぎ足です。

 

いきなり小外にはいるオーソドックスな入り方と、

フェイントの入り方を指導しました。

 

 

何人かが習得してくれたらいいなと思います。

 

 

疲れもあったので、

昨日はいつもより早めに練習を終えました。

 

 

といっても10分くらい早かっただけですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生と