昨日の稽古にて・・(5.16)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

5月も半ばに差し掛かり、

日中の気温も高くなってきました。

 

幸い、道場での稽古の時間は過ごしやすい気温ですが、

練習するとすぐ汗が出てくるようになりました。

 

これから梅雨を向かえ、

暑い暑い夏を迎えます。

 

熱中症対策を万全にし、

自己防衛をしっかりして行っていただきたいと思います。

 

 

 

昨日から正式に新しい仲間が加わりました。

 

中学2年生の男子で、田頭駿君。

 

まだまだ柔道を始めたばかりの新米君です。

 

 

しばらく体験期間を過ごしていましたが、

先日保護者の方が道場にお見えになり、

 

正式に入門の意向を伝えてくださいました。

 

 

 

厳しい稽古にも、

これまでしっかりついてきていましたので、

大丈夫だと思いますが、

 

まだまだ初心者ですから、

しっかりいろんなことを指導していきたいと思います。

 

関係者のみなさん、

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

昨日は、小学生以下のクラスは、

寝技をしっかり指導してもらっていました。

 

まだまだレベル的に理解できない子もいるかもしれませんが、

やらないよりやっていくほうが、体が覚えていくことがあります。

 

 

できない子はできないなりに・・

できる子はできるなりに、

 

がんばっていろんな技術を習得していってもらいたいと思います。

 

 

 

中学生以上のクラスは、

寝技と立ち技をしましたが、

 

寝技では、ここ最近取り組んできた足の極め方や、

下からの返し方に積極的に取り組んでいる子が多くいました。

 

いいことですね。

 

 

習ったことを、

できないからとすぐやらないのではなく、

できないなりに挑戦していく。

 

そのうち、何かのきっかけでふっとできるようになったりします。

 

 

やらなければわからないこと。

やり続けることで見えてくるものがあります。

 

すぐにあきらめないで、

継続的に取り組んでいってもらいたいと思います。