昨日の稽古にて・・(5.9)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

なんか、ジメジメした感じだなと思っていましたら、

今朝から大雨の広島です。

 

雨が降る前の昨晩は、

道場にある牛田中学校の格技場も、

床がなんとなく湿ってて、滑りそうでした。

 

じめーっといやな感じでしたね。

 

 

子供たちもたくさん集まって稽古が始まりましたが、

汗だくになっていました。

 

 

そろそろ梅雨の季節が近づき、

夏がやってきます。

 

 

熱中症などに十分配慮が必要な季節がやってきますね。

 

 

適度な休憩と水分補給を心がけ、

しっかり子供たちを観察しながら練習していきたいと思います。

 

保護者の皆さんも、

お子さんの体調には十分意識を向けていただき、

調子の悪いときは決して無理をさせないようにしてください。

 

 

 

さて、昨日の小学生・幼児組は受身の練習をしっかり反復していました。

大事なことなのですが、子供たちにその大事さをいかに理解させるかも重要なことです。

 

 

受身よりも立ち技の練習の方が楽しいですから、

子供は感情的に動きますので、

楽しくないことには集中しません。

 

 

しかし、柔道という競技は危険を伴うのだということをしっかり理解させて、

受身にもまじめに取り組ませる必要がありますね。

 

 

 

中学・高校生組は、

先日やった寝技の復習です。

 

足の極め方、

下からの返し方を何度も反復しました。

 

 

 

頭でわかっても体で理解するまでには時間がかかります。

 

使いこなせるようになるまで、

何度も何度も反復して体にしみこませる必要があります。

 

 

 

これからもそのあたりを意識しながら

指導していきたいと思います。