瀬戸内少年柔道大会

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

 

報告が少し遅れましたが、20日(日)に、

愛媛県武道館において、

 

瀬戸内少年柔道大会

 

が開催されました。

 

 

この大会、団体戦は、

・幼年の部(体重の軽い順)

・小学生低学年の部(1・2・3年)

・小学生高学年の部(4・5・6年)

・中学生男子の部(自由配列)

・中学生女子の部(自由配列)

で行われましたが、すべての部門3人戦でした。

 

 

賢心舘からは、

幼年(宝神凛太郎・都市太利・寺井天斗)

小学生低学年(都市弦介・原本伊織・中村与力)

小学生高学年(野村椎真・宮本昌弥・宮口夏)

中学生男子(四辻友孝・佐藤允哉・粕川和晃)

中学生女子(宮口花・高野春花・久保知里)

というメンバーで参加しました。

 

 

結果は・・・

中学生男子は初戦を代表戦で勝ちましたが、

2回戦で優勝した松前柔道会に0-2で敗退。

他はすべて初戦敗退。

 

厳しい結果となりました。

 

 

個人戦は、

幼年(都市太利)

小学1年(都市弦介)

小学2年(原本伊織)

小学3年(中村与力)

小学4年(宮本昌弥)

女子小学1・2年(山口紗奈)

女子小学3・4年(久保成美)

女子小学5・6年(宮口夏)

中学1年(佐藤友哉)

中学2年(岡本明大)

中学3年(佐藤允哉)

中学女子(久保知里)

がエントリーしましたが、

 

中学1年の部で佐藤友哉が第3位入賞。

中学3年の部で佐藤允哉がベスト8。

 

その他は、すべて初戦、あるいは2回戦敗退。

 

 

こちらも厳しい結果となりました。

 

 

幼年と小学生の方に、岡本先生と大濱先生。

中学生のほうに私と川端先生がつきました。

 

 

結果は伴っていませんが、

みな、一様に頑張っていたとのことです。

 

 

最後にみんなを集めて、

引率した先生がそれぞれ話をしましたが、

 

共通してどの先生も言ったことは、

「意識の持ち方」

でした。

 

「勝ちたい!」

という気持ちがなければ勝つことは難しい。

試合中に闘志あふれる試合をする子が少ないように感じました。

 

 

これからもっともっと意識を高めていく練習をしなければ、

いつまでも勝つことは出来ません。

 

また、広島でそこそこ成績上げる選手も、

今回はダメでした。

 

「井の中の蛙」

ではダメだということ。

 

上には上がいます。

常に上を目指して努力すること。

それが出来る選手はきっと強くなります。

 

 

今日からまた出直しです。

 

 

 

中学3年の3人は、

これが中学生最後の試合となりました。

 

有終の美・・は飾ることが出来ませんでしたが、

次につなげる経験は出来たと思います。

 

 

高校に行っても、

頑張ってもらいたいと思います。