今日の気付き・・(3.2)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

今日は、3月最初の練習日です。

今日から賢心舘も新体制でいきます。

 

これまでチームリーダーとして道場を引っ張ってきてくれたのは、

中学3年生の佐藤允哉。。。

 

先日旅立ちの集いを行ったことで、

お役御免としました。

 

 

新しくチームリーダーとして、

道場をまとめ、チームを引っ張ってもらうのは、

中学2年生の高橋由起。。。

 

 

昨日の練習から、

いろんな場面で指揮をとってもらいました。

 

明るく活発な由起は、

きっといいチームリーダーとなってくれると思います。

 

 

とはいっても、

一人だけで何もかもできるわけではありません。

 

周りの道場生の協力や、

指導者、保護者のバックアップがあってこそ、

由起のチームリーダーとしての力が発揮できるものだと思います。

 

みんなで由起を盛り上げ、

賢心舘を盛り上げていってもらいたいと思います。

 

 

 

 

昨日の練習では、

ちびっ子たちは高橋先生と岡本先生に

先日益田先生に習った背負い投げの復習を指導してもらっていました。

 

なかなか一度には覚えられるものではありません。

何度も何度も反復する中で、

自分なりの感覚をつかみ、

自分の技にしていけるものだと思います。

 

 

指導者たちが指導する技は、あくまでヒントです。

そのヒントを自分なりのものに変える作業が反復練習です。

 

ちびっ子のうちからも、

大事なことだと思います。

 

 

 

中学生中心グループは、

崩す理論を体を使って説明し、

まずは、カラダで覚えていくことをしました。

 

最終的には釣手と引き手を使ってどういうカタチで崩していくのか・・・。

そこが大事になってきますが、

 

 

そこに行くまでに、

まずは、両襟を持った状態から始めます。

 

 

手首をうまく使ってやらなければ、

相手の体は崩れてくれません。

 

 

ポイントは重心をずらすことですが、

頭の位置をどのようにずらしていくのかが

大事になってきますね。

 

 

毎回いろんなことやりますが、

一つ一つきちんと理解していってもらいたいなと思いますが、

そのためには

何度も何度も反復させる必要がありますね。