江田島少年柔道大会結果・・(2.6)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

ここ数日は穏やかな日が続きます。

このまま春になってもらいたい・・そう思います。

 

さて、昨日は江田島少年柔道大会でした。

賢心舘の道場生全員をエントリーしての大会です。

 

それぞれ、各個人的な試合には、

個人的な想いもあるかもしれませんが、

賢心舘の試合全体を見渡して感じたことは、

 

試合を重ねるごとにみんなそれなりによくなっていると思います。

よくなっているというのは、柔道らしくなってきた・・と言うことです。

 

昨年の呉地区柔道大会あたりから、

ちびっ子たちの動きに変化見られ始めました。

 

やはり、実践練習の割合を増やしたことで、

実践感覚が身につき始めたのかなという気がします。

 

そうはいっても、基本をしっかりやってきた上での実践だから意味があることであって、

実践だけやってればいいということではないと思います。

 

これからも、実践と基本と、基礎トレーニングとのバランスをしっかりとりながら、

指導していきたいと思います。

 

 

気になった点は、

気持ち的な部分です。

 

よく練習の時にも言いますが、

柔道は戦う競技です。

 

自分との戦いも大切ですが、

目の前の相手との戦いも大事です。

 

 

倒さなければ倒されるわけですから、

向っていく闘争心が絶対に必要です。

 

 

ゲームのように、

負けたリセットしてもう一回出来るなんてことはありません。

 

どの試合も一発勝負です。

 

 

それだけ集中して挑まなければなりません。

 

 

 

賢心舘の子供達は優しい子が多いです。

それがそのまま柔道にも反映されてしまってます。

 

 

柔道のときは、もう少し厳しさがあってもいいかなと思います。

 

 

あとは、意地を出してもらいたいです。

簡単にやられてしまう子が多いです。

 

勝ちたい!

負けたくない!

 

そういう想いを心の中で強く思う必要があります。

 

 

 

冒頭、柔道らしくなってきたと書きましたが、

数名の子供達は、その意識が芽生え、

 

相手に果敢に向っていく柔道が出来つつあります。

 

 

その勢いを、みんなが持って欲しいなと思います。

 

 

では、結果報告です。

(入賞のみ)

 

 

【 団体戦 】

◎小学1・2年の部   第3位

(高橋舞華・都市弦介・西村南藏・原本伊織・山口紗奈)

 

◎中学生男子の部    優勝

(岡本明大・四辻友孝・佐藤友哉・粕川和晃・佐藤允哉)

 

 

【 個人戦 】

◎幼年(年少中)の部

西村完藏 第3位

 

◎女子小学1・2年の部

山口紗奈 第3位

 

◎中学1年男子の部

佐藤友哉 優勝

四辻友孝 準優勝

 

◎中学3年男子の部

佐藤允哉 優勝

粕川和晃 第3位

 

 

以上です。

なお、参加人数の関係で数試合戦った上でのベスト8のみ紹介します。

 

◎小学1年の部

都市弦介

西村南藏

 

あと1試合勝てば、銅メダルでした。。

残念!

 

次につなげてもらいたいと思います。

 

 

また、組み合わせの関係で、

初戦からいきなり強い相手と組まされた子もいました。

 

しかし、強い相手と試合が出来ることも

良い経験だと思います。

気持ち的な部分に良い刺激になってもらいたいなと思います。