今日の気付き・・(2.4)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

ここ数日は、

日中は暖かな日が続いています。

 

しかし、夜はやっぱり寒いです。

道場も冷え切っています。

 

しかし、子供達は元気よく暴れまわっています。

頼もしいですね。

 

 

 

今週に入って特に体調不良の子供達が増えているようです。

インフルエンザにまではなっていなくても、

風邪引きさんが多いようです。

 

また、怪我人も増えてきました。

 

病気も怪我も、

防げるものは自己管理の下、しっかり防いでもらいたいと思います。

 

この時期のうがいと手洗いは

特に欠かせません。

 

また、寒くて体が固まった状態で激しい練習をすると、

怪我しやすい状態になります。

 

準備運動や補強運動などでしっかり体を温めてから、

練習をするように心がけてもらいたいと思います。

 

 

 

 

今日の気付き・・というより、

最近思うこととして、

 

柔道をする・・ということを、

自分自身でしっかり自問自答しながら、

自分自身にとって柔道とは何なのかを考えてもらいたいなと思います。

 

 

柔道に限らず、

他のスポーツも、勉強も、強制してやらされるものではないと思います。

 

誰かが言うからやる・・では、

よろしくないと思うのです。

 

 

ときどきここにも書きますが、

自分自身の気持ちの中でのやる気が固まっていなければ、

厳しい練習はこなせません。

 

やらされている練習では、

気持ちが入っていませんから嫌になり、

ごまかすようにもあります。

 

 

自分が柔道する目的や目標をしっかり自覚していれば、

ごまかすことはありえませんし、

厳しい練習でも乗り越えようと必死になれるものだと思います。

 

 

それぞれの子供にはそれぞれのレベルがあります。

 

全員を全国を目指すレベルの指導に当てはめるわけには行かず、

全員を楽しい柔道のレベルにすることも出来ません。

 

しかし、同じ道場内で違ったレベルの子供がいることは紛れもない事実なわけで、

その辺りの調整をしていくのが、指導者の役割かなとも思います。

 

 

全国を目指すレベルも、

楽しい柔道も、

どちらにも共通の意識として、

 

「自分のために自らがやる柔道」

 

という意識になっていなければなりません。

 

 

 

 

もっともっと、

自覚しなければならない選手達は、

 

後悔しないように、自分自身をもう一度見つめなおす必要があるように思います。

 

 

 

 

しっかり自覚でき、

毎回の練習で集中している子供達は、

 

ここ最近の伸び率がすごいです!

 

 

力つけてきたな・・と思えます。

 

 

 

引き上げることはしますが、

それについてこようとしない子には、

強制はしません。

 

ただただ、後悔だけはして欲しくないなと・・

そう思います。