今日の気付き・・(1.14)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

寒いです!

しっかし寒いです!

 

見学の保護者の皆さんは、

みなさん雪だるまのように丸くなって見学されています。

 

指導する私達は、

道場内を動きながらの指導なので、

寒いとはいえ、まだ気が紛れますが、

 

保護者の方々は、じーっと見学ですから寒いと思います。

しっかり防寒対策をしていただきたいと思います。

 

今週末は、

お天気が荒れ模様との事。

 

いろんな意味でみなさん、気をつけていただきたいと思います。

 

 

週末から週明けにかけて、

道場生の中学3年生の3人は、

それぞれ志望する高校の入学試験があるようです。

 

荒れ模様の天気の中、

大変だと思いますが、

日ごろの勉強の成果を発揮していただき、

ぜひとも合格通知を勝ち取っていただきたいなと思います。

 

 

 

さて、昨日も寒い中、

たくさんの道場生で練習は賑わいました。

 

 

いろいろと注意したことがありますが、

昨日特に気になったのが、

 

打ち込みのときの体重移動の仕方です。

 

普通に打ち込みを入ると、

足運びは①の足と②の足があります。

 

②の足が軸足になります。

 

 

打ち込みを入るとき、

②の足に重心が来るように体重移動をしながら入ることが大事なことだと思いますが、

①の足に体重が乗ったまま、②の足をちょこんと着くだけの打ち込みの入り方をする子が目立ちます。

 

最後相手を投げるときは、

体重は軸足に乗ってなければならないわけですから、

 

打ち込みのときも、

最後にしっかり②の足に重心が乗るように体重移動をしなければなりません。

 

 

 

また、①の足つくときは

すでに上半身の崩しの体勢は創り始めなければならないので、

①を着くときに引き手も釣手もしっかり相手を引き出す体制になってなければなりませんが、

 

①で全く上半身が働かず、

②の足を着くときに相手を引っ張る動作が始まる打ち込みの入り方をする子が目立ちます。

 

 

そうなると、ワンテンポ技に入るのが遅れるわけですから、

その分、相手も受ける体制を作ってしまうので、

なかなか技がかかりません。

 

 

実践につなげるための打ち込みの入り方として、

いろいろなところに気を配りながら入らなければならず、

ただ漠然と入るだけでは意味がありません。

 

 

重要なことなので、

しっかり意識させていこうと思います。