稽古報告・・(12.15)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

今朝、私の住む安佐北区付近では雪が舞っていました。

昨日もちらちら舞ったようですが、

今朝は、おや?積もるかな?と思うくらいの勢いで降ってきました。

 

先ほど仕事場のある中区でも、

はらはらと雪が舞っていました。

 

 

 

 

昨日は、ちびっ子たちをいつも見てくださってる先生が

みんなお休みだったので、

中学生達を舘長ともう一人の先生が見てくれ、

私がちびっ子たちを見ることになりました。

 

 

 

意欲的な表情で練習する子もいれば、

楽しそうにやってる子もいます。

 

ちびっ子のうちは、どっちでも良いと思います。

 

まだまだ幼稚園や小学生の低学年の子供達ですから、

あまる過ぎたおふざけはいけませんが、

ある程度なら寛容に見ていくことが大事かと思います。

 

厳しくするときと、そうでないとき。

けじめを覚えさせることも、大事なことかなと思いますので。

 

 

 

試合が続き、勝つことや負けることを経験し、

うれしさや悔しさを、あんな小さいうちから経験させられるだけでも、

今後の彼らの人生において、意義あることになると思っています。

 

 

それが実際の練習に活かされているのが、

最近の練習を見てて感じるところです。

 

俄然やる気になった子がいて、

その子の影響を受けてる子が、少なからずいるということです。

 

 

良い流れ、良い雰囲気になってきました。

 

 

これからがますます楽しみになってきました。