稽古報告・・(12.10)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

 

賢心舘は、牛田中学校の格技場をお借りして、

柔道の練習をさせてもらっています。

 

牛田中学校には柔道部が無いので、

格技場は剣道と卓球部が使っているようで、

畳は敷いてありません。

 

なので、毎回畳の上げ下げをしています。

 

 

道場生はもちろんのこと、

保護者の皆さんにもお手伝いいただき、

毎回助かっています。

 

最近の畳は軽くなったとはいえ、

50畳の畳を敷くには、それなりの労力がいります。

 

一人でも多くお手伝いいただけたほうが、

より早く上げ下げもでき、みんなの負担も軽減します。

 

 

この、畳の上げ下げ、

正直面倒な部分でもあります。

しかし、この畳を毎回敷かなければ、

子供達は練習が出来ません。

 

面倒でも、必ずやらなければならないことなんです。

 

 

そこで、ものは考えようなんですが、

この畳の上げ下げ、結構体力使います。

そういう意味では、子供達には簡単なアップにもなっていますし、

保護者の皆さんにとっては、日ごろの運動不足を解消する良い運動にもなっています。

 

全身運動になりますから、

ダイエットにも効果的かなと思います。

 

 

どうせやるなら、

みんなで楽しくやれたほうが良いと思います。

 

 

18時30分から畳が敷ければ一番ベストです。

家庭の事情もおありでしょうが、

なるべくその時間に間に合うように道場に来ていただき、

一緒に楽しく運動しましょう。

 

 

上げるときは上げるときで、

道場生にとっては、練習後のクールダウンにもなります。

保護者のみなさんは、じーっと寒い中練習を見てて、

硬くなった体をほぐすのにちょうど良い運動になります。

 

上げるのも、みんなのご協力があるので、

助かっています。

 

 

みんなの道場ですから、

みんなで役割分担をし、

みんなが協力していくことが大切だと思います。

 

 

 

 

昨日は、今日が今年最後の試合になりました月次試合があるため、

ちびっ子も立ちも参加の練習となりました。

 

 

最近、かなり意識があがってきたように思います。

今はまだ、なかなか結果が伴いませんが、

生みの苦しみとでもいいましょうか、

 

この時期をのり越えてつかんだ勝利は格別なものになります。

 

 

じっくり力をつけて、

自力をつけて、安定した力をつけさせたいと思います。

 

 

 

ただ、やはり気になるのが、

声があまり出てないこと。

 

 

「しんどいときは声を出す!」

 

 

私が現役のときは

そう教えられたものです。

 

 

 

腹の底から声を出すと、

元気が出てきます。

 

力がみなぎってきます。

 

 

しっかり大きな声が出せるように、

していってもらいたいと思います。