稽古報告・・(11.19)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

金曜日の昨日は、本来であればちびっ子たちは練習日ではありませんが、

試合が連戦になりますので、練習日にしました。

 

12月の月次試合の前日まで、

金曜日もちびっ子たちでにぎわうと思います。

 

 

昨日、ちびっ子達に言いました。

 

「もっと、必死な気持ちになりなさい。」

 

と。

 

なんとなくだらだらと、

惰性で練習しておる風にしか見えません。

 

食らいつく・・

もがく・・

 

そんな必死さを感じません。

 

ちびっ子だから・・ということは、

言い訳になります。

 

勝ちたいと思う気持ちがあるのなら、

勝ちたい気持ちを前面に出した練習をしなければなりません。

 

気付いていなかった子供達も、

こういうことを、常々言って聞かせることで、

意識の中に入っていくと思います。

 

 

大人は、子供だから。。と軽く見ている部分もありますが、

子供だからといってあなどれません。

 

 

よく、そんなことよく覚えてたね・・とか、

そんなことまで考えてるんだ・・とか言うことを、

子供から感じることはありませんか?

 

 

何気で子供は、

しっかり意識できてたりしますし、

 

耳から入った言葉が、

潜在意識の部分で理解してて、

 

数年経って、ぽろっと口にしたりすることもあるようです。

 

 

 

なので、

今は難しくて理解できないようなことでも、

とにかく何度も何度も言って聞かせることが大切なんだと思います。

 

例えて言うと、

胎教ってありますが、

言葉なんて全く理解できないというか

聞こえてるのかどうかもわからない胎児に

いろいろ話しかけることはいいことだと言います。

 

それと同じことなんじゃないでしょうか。

 

 

 

これからも、

意識の中に入れ込む言葉を

たくさん投げかけていきたいと思います。