稽古報告・・(6.18)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

梅雨に入り湿気も多く、

お借りしている格技場内も湿気が多いです。

 

特に、床面や、トイレの前などは結露が多く、

とても滑りやすい状態になっています。

 

気をつけないと、

ツルッと滑りそうです。

 

余計なところで怪我をしないよう、

足元を十分注意してください。

 

 

 

さて、今まさに追い込み真っ只中の練習です。

気持ちが切れ、心も折れてしまいそうな状況の中、

子供たちは頑張っています。

 

 

怪我で戦線離脱している子もいますが、

気持ちに少しはあせりもあるようです。

 

あせるあまり、

無理して練習を開始すると、

またいためてしまいますから、

しっかり治して復帰してもらいたいと思います。

 

 

 

心がどうも踏ん張れない子もいます。

できることをしないで、

できない理由を探して言い訳している子もいます。

 

 

自分自身のために、

自分に足りないものを補うために、

練習する。。

 

 

という原点を忘れてしまってるように思います。

 

みんなが頑張る姿、

それをみて指導者の先生は応援したい気持ちになります。

 

 

 

しかし、それが見えないと、

なかなか上に上げてあげるだけの指導ができません。

 

 

上に上がって行きたいのなら、

自分自身をもっと厳しくすることも大事なのではないかと思います。

 

 

 

いろんな意識レベルの子がいます。

それぞれのレベルにあわせた指導を、

これからも心がけていきたいと思います。