稽古報告・・(6.4)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

 

試験期間だった中学生の一部の子供たちも昨日は元気に参加してくれました。

 

しばらく間があいたので、十分注意して練習しないと、

怪我をします。

 

 

4月から環境が変わり、

新しくいろんなことが始まり、

2ヶ月を過ぎたこの頃が一番精神的にも肉体的にもきつくなる頃かもしれません。

 

 

体調や精神的な疲れなど、

指導するこちらもしっかり子供たちを観察しながら見てはいますが、

なかなか全員を100%見ていくことはできませんので、

 

ご自宅でもしっかり様子を見ておいてあげてください。

そして、時折声をかけてみてあげてください。

 

子供からのSOSを見逃さないように、

こちらもしっかり注意しておきます。

 

 

子供からのサインがあった場合は、

遠慮なく指導者にお話くださいね。

 

 

ただし、子供が歯を食いしばってがんばっているときは、

そっと見守ってあげてください。

 

その環境が、子供を強くしてくれます。

 

よろしくお願いします。

 

 

昨日は、補強運動を少し多めに取り入れました。

 

その後は、中学生においては閉め技の対応について指導しました。

 

横絞めの絞め方や逃げ方が、

いまいちきちんと指導できていないので、

大会も近いことですし、少し念入りに昨日は反復させました。

 

逃げ方なんかは、知らなければ一本負け。

知っていれば簡単に逃げられる横締めです。

 

ただし、絞め方をしっかり知っていれば、

タイミングよく一本が取れます。

 

こういうこともこれから継続して指導していかなければなりませんね。

 

 

立ち技では、

昨日も道場が狭いくらいたくさん居たので、

1分元立ちをやりました。

 

私も高校生の頃やった練習の一つですが、

かなりスタミナと根性がつく練習です。

 

月末から始まる中学生の大会に向け、

しっかり調整していこうと思います。