稽古報告・・(5.28)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

先週金曜日の稽古報告が遅くなりました。

 

 

修学旅行や、野外活動、試験勉強などで、

少々寂しい雰囲気の中での練習となりましたが、

中身だけは濃い練習になりました。

 

 

特に、立ち技において大内刈りの練習を行いました。

大内刈りに入って、ケンケンでタタタターッと押して行く練習です。

私も高校の頃よくやった練習方法です。

 

 

大内刈りの技術的なことは、

いろいろあると思います。

なので、どれが正しいとか間違いとかいうことはなく、

自分にあった入り方を作り上げて行くために、

 

教えてもらった技術を何度も反復し、

自分なりの入り方にアレンジできればいいと思います。

 

 

今回の練習でみんなに指導したのは、

組み方によって入る方向が変わるということです。

 

合い四つの場合と喧嘩四つの場合では、

投げる方向が変わりますし、

そうなると、足の運び方や崩す方向も変わってきます。

 

その辺りを説明しながら、

何度も反復させました。

 

 

一度では体得できるものではありません。

これからも何度も何度も反復させながら、

少しでも自分らしく入る入り方を体得できるように指導して行こうと思います。