稽古報告・・(5.7)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

GW明け、心も体もスイッチを入れなければならないこの時期。

五月病と称される“やる気が出ない病”にかからないように、

自分自身の意識を高めることに集中しなければなりません。

 

子供達は、いよいよ明日、マルちゃん杯の中四国予選です。

気合を入れて頑張ってもらわなければなりません。

 

 

そういう意味でも、

連休明けでいきなりモチベーションを上げておかなければならないので

大変ですね。

 

 

昨日の練習では、

先日講道館で行われた『全国少年柔道大会』に、

広島県代表として出場した有朋柔道塾のみんなが参加してくれました。

 

大会前にも何度も練習に来てくれました。

 

大会の結果は、

初戦で残念ながら敗退したそうですが、

初陣での戦いは、なかなか厳しいものがあります。

 

子供達にとってはなれない環境での試合です。

ガチガチに緊張したことでしょう。

 

 

勝ち負けを求められる競技ですから、

負けるより勝ったほうが良いのは当たり前ですが、

負けたからといって悲観することもなく、

 

勝つために頑張ってきた試合までの期間がとても大事な期間だと思いますし、

その期間と、大会に出た経験が、今後に必ず活きて来るんだと思います。

そして、そう意識させてやることも大切な事だと思います。

 

縁あって、そういう道場の子供達と一緒に練習ができる

賢心舘の子供達は非常に幸せです。

 

お互いが刺激しあいながら、

頑張っていってもらいたいと思います。

 

 

昨日は他にも出稽古の子がたくさん来てくれて、

非常に活気のある練習となりました。

 

 

大会前なので、調整の意味を込めた軽めの練習となりました。

 

昨日まで大きな怪我がなく来れましたことに、

柔道の神様に感謝です。

 

 

大会当日までは気が抜けませんが、

体調管理を万全に、

 

明日は悔いのない戦いをしてきたいと思います。

 

 

 

そして、この日記に吉報が報告できますように、

応援の程、宜しくお願いします。

 

 

頑張ってまいります!!