稽古報告・・(3.29)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日は寒かったです。

冬みたいでした。

桜も咲き始めたこの時期にしては、

ちょっと予想外でした。

 

体調管理には十分気をつけなければなりません。

 

 

さて、年度変わりのこの時期、

連盟への登録更新やスポーツ保険の手続きを行っています。

 

お陰様で、

新年度に向けて賢心舘から登録する子ども達は、

幼児、小学生、中学生を合わせて、

20名になりました。

 

 

昨年10月5日にスタートし、

今度の4月5日で半年になります。

 

スタート直後は1人だった賢心舘道場生も、

半年で20名にまで増えました。

 

皆様の支えがあっての事だと思います。

心から感謝申し上げます。

 

 

これからも、一人でもでも多くの道場生仲間が増え、

賢心舘煮入門した子が、また、その後家族が、

柔道を通して素晴らしい人生経験をしていかれるよう、

私たちも指導する立場で出来る限りの努力をし、

これからも頑張っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

昨日も元気にちびっ子たちが参加してくれました。

毎回恒例になってる練習前の鬼ごっこも、

見ててとても微笑ましく・・。

でも、敷いた畳がずれるくらいの大暴れなので、

そのあたりがちょっと・・って感じですが、

元気な事は良い事です。

 

こういう交流が楽しくて道場に行きたい!と思ってもらえることも大事な事だと思います。

 

 

さて、昨日も低学年以下は髙橋先生と大濱先生の指導の下、

基礎体力トレーニングや、寝技・立ち技の基本動作の練習などを中心に

頑張っていました。

 

先日からはじめた女の子二人も、

何となくカタチになりつつありますね。

 

この二人の影響もあってか、

以前からいる子達も、その刺激で頑張っています。

 

今のうちにしっかり身につけてもらいたいですね。

 

 

高学年と中学生は、

寝技において横四方固めの逃げ方の反復を行いました。

肩を極められるおさえ方と、首を抱えられるおさえ方の、

二通りの逃げ方を反復しました。

 

何度もやってることではありますが、

なかなか体は覚えていません。

 

これからも折を見てしっかりやらせなければならないと思いました。

 

 

立ち技では、

組み手が気になりました。

 

漠然と組みに行ったり、

組まれたのを切りに行くにしても、

相手に有利な体勢を作ってしまうようなカタチで切りに行ったり。

 

組手はとても重要ですから、

これからも気付いた時は、どんどん指摘していきたいと思います。