稽古報告・・(3.24)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

もうじき4月だというのに、

またまた寒くなってます。

 

穏やかに春が来ませんが、

でも、必ず春は来ます。

 

あせらず、ゆったり春を待ちたいと思いますね。

 

 

さて、昨日も元気に子ども達は練習に参加してくれました。

先日から低学年の方には女の子が二人仲間入り。

現在、体験中です。

 

4月からは正式入門となるのではないかと思いますが、

女の子が入るだけで、何となく雰囲気が違いますね。

まだまだちびっ子ですから男の子ばかりでもかわいいのですが、

 

言葉には言い表せない雰囲気があります。

 

でも、二人とも気が強そうなので、

男の子達も負けてはいられません。

 

昨日も、髙橋先生と大濱先生にしっかり基本から鍛えてもらっていました。

 

一日一日の積み重ねが大事ですから、

これからも頑張ってもらいたいと思います。

 

 

高学年・中学生は、

寝技のあとの立ち技では受け方の反復で、

昨日は大外刈りの受け方をやりました。

 

内股などの前に入られる技と違って、

大外刈りは後に入られます。

 

そうなると、当然受け方も変わってきます。

 

ポイントを抑えながら、

足の位置を確認しながら反復しましたが、

技術的にはちょっと難しかったようです。

 

しかし、知らないままにいるよりは、

手首の使い方だけでもしておく事が、

将来的に有利になります。

 

乱取りの実践では、

しっかり意識してる子もいて、指導した甲斐があったなと思いました。

 

 

 

先日の日・月で瀬戸内大会と月次があり、

今年度の試合は全て終了。

 

4月からまた新たにスタートですね。

 

 

 

頑張ってもらいたいと思います。