稽古報告・・(3.10)

みなさん、こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

昨日も寒かったです。

しかし、昨日の道場は大賑わいでした!

 

練習前から、ものすごい活気が感じられました。

こういう雰囲気での練習はいいですね。

 

 

 

 

昨日は、低学年以下は大濱先生。

小学高学年は髙橋先生。

中学生は私が担当して寝技の指導を行いました。

 

 

低学年は、いつも通りの基礎体力トレーニングや、

寝技、立ち技の基本練習を行いました。

最後には先生や中学生のお兄ちゃんおねえちゃんたちとも乱取りをして、

楽しそうでした。

 

 

高学年は抑え込み方や逃げ方の復習をしてました。

非常に重要なポイントを指摘されながら意欲的に取り組んでいました。

 

私は、この春から中学生になる6年生も含め、

締め技の練習を行いました。

手首の使い方や、柔道着の襟の使い方。

肘の立て方など重要なところを指導しましたが、

なかなか難しかったようです。

 

まだ、逃げ方もやらなければなりませんので、

こういう機会にどんどんやっていこうと思います。

 

 

 

立ち技では足払いや大外刈りの一人打ち込みをしました。

これをすることで軸足でのバランスを保つ練習になります。

これもどんどん取り入れていかなければならない基本動作です。

 

 

自由練習はあまりにも人数が多くて怪我をしそうだったので、

二組に分けて、1本交代で行いました。

 

 

待ってる組は「ケツダシ」という練習。

私が近代福山高校時代に指導されてた、

下半身の使い方の練習です。

 

これをやると、

下半身が安定し、バランスよく相手を腰に乗せる事ができるようになります。

 

なかなかカタチにならないのですが、

しばらくするとそれなりのカタチになっていました。

 

 

かなり太ももにきますので、

子ども達は辛そうでした。

でも、必ず身になるものですから、頑張ってもらいたいと思います。