稽古報告・・(11.16)

みなさんこんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

寒くなりましたね。

風邪などひかれていませんか。

相変わらず、インフルエンザが猛威を振るっております。

 

自己管理、健康管理を万全にしておきましょう。

 

うがいと手洗いをマメにすることだけでも、

全く違いますよ。

とくにうがいは、うがい薬などを使わなくても、

濃い塩水でのうがいで十分です。

喉がちょっと・・と思ったら、

ちょっと多めに回数をうがいするだけで、

喉の痛みが軽減します。

 

試してみて下さい。

 

 

 

さて、この寒さに負けず、

昨日もたくさんの子供達が、練習に参加してくれました。

 

 

たくさんの子供達が来てくれることは、

道場としてもとてもありがたく、嬉しいことです。

 

都合の合う時は、

どんどん参加して下さい。

 

 

昨日は、指導者の先生も充実していましたので、

寝技は、小学生は毎回の確認ということで、

横四方固めと袈裟固めの抑え込み方と逃げ方の反復練習。

 

中学生は、

横締めの締め方と逃げ方の反復と練習をしました。

 

小学生の方は、

もう何度も説明していることなので、

理屈はわかっているようですが、体が反応しませんね。

 

自転車に乗れるようになるまで、

何度もこけながら練習し、

そして、体が覚えて乗れるようになるのと同じで、

 

こういうことも、何度も反復することで、

体の微妙な使い方が出来るようになり、

次第に、体の力もついてきて、自分のスタイルが出来上がってきます。

 

こういう基礎的なことをしっかりやらないと、

実践では全くの我流になり、

本能だけで動く柔道になってしまいます。

 

今のうちにしっかり身につけておきたいところです。

 

中学生の横締めも、

結構試合では使われる技なんですが、

ほとんどの中学生が、逃げ方を知りません。

 

逃げ方のこつさえわかれば、

全く心配のない締め技なので、

昨日はしっかり指導しました。

 

 

しかし、「締め技」というだけで、

恐怖心など、拒否反応を示す表情をする子がいます。

 

確かに、首を絞められるわけですから

怖いですよね。

 

しかし、その恐怖心を打ち消すくらい反復することで、

首に腕が入っても、パニックにならず、冷静に対処できます。

 

まだまだ経験が足りないので、

なかなか難しい課題ですね。

 

 

 

立ち技も、いつものように

・普通の打ち込み

・腰に乗せる打ち込み

・引き出し打ち込み

を行い、自由練習をしました。

 

 

そして、最後の20秒打ち込みは、

やはりきついようですね。

 

でも、しんどい時に追い込むことで、

試合のラスト30秒での力になります。

精神力の強さも身につきます。

 

しんどい時にどれだけ自分を追い込むかが、

強くなるかならないかの分かれ目なんでしょうね。

 

 

頑張ってもらいたいと思います。

 

 

そして最後に、

毎回のことですがなかなか返事が出来ません。

声も出ません。

タイミングが難しかったり、

恥ずかしかったり・・

 

いろいろとあるのだろうと思います。

 

 

しかし、声を出すというのは、

練習中の雰囲気を盛り上げるのにも、

自分自身を奮い立たせるにも、

非常に大事です。

 

これからも、その辺は厳しく指導して行きます。