稽古報告・・(11.6)

こんにちは。

賢心舘牛田新町道場の山口です。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

みなさん、体調はいかがですか?

 

広島はインフルエンザ警報?が発令されるくらい、

インフルエンザが猛威を振るっています。

 

ウィルスは目に見えないので、

かいくぐって生活することはできませんが、

外出から帰った後や、雑踏の中にいたあとは、

うがいと手洗いは必ずやって、

自己防衛していくことと、

 

規則正しい生活を心がけ、

暴飲暴食、夜更かしなどをしないようにして、

免疫力を高めることも大事です。

 

感染してても発症する人としない人の違いは、

その辺りかもしれません。

 

自己管理、自己防衛に努めましょう。

 

 

 

さて、昨日の稽古ですが、

新しい生徒が入門してくれました。

 

3歳と5歳の男の子の兄弟です。

 

 

本来、小学生以上の入門生をとしておりましたが、

先日お父さんと見学に来てくださり、

強く入門の意思を表してくれまして、

 

舘長以下の指導員と協議した結果、

将来のこの道場を担ってくれる大きな存在になってくれることになる。

 

そういう子供を大事に育てていこう。

 

という想いから、

この度入門していただくことになりました。

 

 

まだまだ小さいので、

何も出来ませんが、

とにかく、

 

柔道が楽しい!

柔道っておもしろい!

道場に行くのが楽しい!

道場のお友達と会うのが楽しみ!

 

という、そういう気持ち、心を育てながら、

この小さな柔道家たちと関わっていけたらと思います。

 

 

 

と、いうことで、

昨日は最初、グループを3つに分けて

寝技の基礎練習を行いました。

 

初心者グループは、高橋先生の指導の下、受身などの練習。

小学生グループは、川端先生の指導の下、袈裟固め、横四方固めの抑え込み方と逃げ方の反復。

中学生グループは、私が締め技の締め方と逃げ方を行いました。

 

それぞれ楽しくもあり、真剣に練習に取り組んでいました。

 

立ち技は、数種類の打ち込みをした後、自由練習。

 

 

昨日も非常に気合の入った、中身の濃い練習が出来ました。